一通りの手続きの流れについて

民事再生とは財産を維持したまま大幅減額された借金を原則3年間で分割して返済していくというものです。個人民事再生のおおまかな流れは次の通りになります。
1.債権者へ受任通知書を送ります。受任通知とは弁護士が債務者の代理で債務整理手続を行うという内容の通知になります。
2.裁判所へ民事再生の申立てを行い不備がなければ手続き開始になります。
3.裁判所から選任された個人再生委員と今後の再生計画について話し合います。
4.債権総額が確定されます。債権額に異議がある場合は事前に異議をたてることができます。
5.民事再生を行う理由を述べた報告書と財産価格一覧の財産目録を裁判所に提出します。
6.今後の支払いについての再生計画案を提出します。
ここで裁判所の認可がおりると一連の流れは終了です。再生計画書に従い返済をスタートします。支払い可能な再生計画案であればまず認可されるようです。着手から終了までにかかる日数の目安は約6ヶ月間です。
民事再生のデメリットはやはり自己破産と違って住宅等の高価な財産を保持しながら借金を返済をすることができる点です。デメリットは信用情報機関に民事再生をした者として登録されますので5~10年間程度は新たな借り入れの利用ができなくなります。

コメントは受け付けていません。