官報って何?

民事再生を行うと、手続き終了までに官報には全部で三回公告されます。これは、破産や相続に関係する裁判内容を掲載した新聞のような書類です。行政の休日以外は発行されます。官庁所在地の販売所で購入できます。掲示板にもこの紙面を張り出します。そのため誰にでも見る事は可能ですが、一般の人達が購入したり閲覧する事は稀です。名前は記載されますが、住所は伏せてあります。
民事再生の特徴は、住宅などの財産を処分せずに債務整理が出来る事です。この手続きをする事により、債務が減額されおおよそ五分の一程度になります。所有している財産や債務の金額によって異なりますが、三年程度で完済をするように裁判所で決定します。減額は、扶養家族が多い程大きくなります。
民事再生をすると、信用情報機関にこの手続きを行った事が記載されます。そのため、この情報が削除される5年から10年程度は新たな借金やローンを組む事など審査が伴う行為が出来なくなります。
民事再の手続きが認められる条件として、安定した収入が将来的に見込める事があります。その他に、
借金の金額に制限があります。
民事再生のメリットは、職業の資格制限が無い事です。つまり、債務整理をしても現在の仕事を続ける事が可能です。

コメントは受け付けていません。