給与所得者等再生って何?

民事再生手続とは債務者が自己再建の計画を提示して債権者からの同意と裁判所の認可を得たのち経済の立て直しを行っていこうとするものです。
そしてそれを個人でも手続きできるのが個人再生手続というものであり小規模個人再生と給与所得者等再生という2種類の手続があります。
この2つのうち後者は特にサラリーマンなどの給与所得者等にだけ認められる手続です。将来的に安定収入が見込める個人債務者の中で無担保債権が5000万円以下の者が該当します。原則3年間で再生債権を返済する再生計画案を作成したのち裁判所の許可のもとで計画に沿って履行することで再生計画で返済していない債務が免除になるというものです。
民事再生法のメリットはまず債権者から同意をもらいやすいという点です。破産されてしまうと債権者はお金を一切回収することができないので債務を減らしてでも返済してもらった方がいいということになり同意を得やすいわけです。持ち家を手放さなくても手続きができるということも大きなメリットです。
デメリットとしては民事再生だけに限った話ではないですがしばらくは借り入れができないという点です。また、政府が発行している官報という出版物には手続きした者の名前が載るのでそこから周囲に知られる場合もあり注意が必要です。

コメントは受け付けていません。