民事再生について

債務整理の手段の一つに、民事再生という方法があります。これは、借入しているお金を大幅に減額することができる手続きです。
住宅ローン以外の抵当権が設定されていないといった条件付きですが、住宅などの財産を維持することも許されます。原則、3年間で分割して借金返済をしていくという手続きとなっています。減額した後の借入金を完済すれば、住宅ローン以外の借金に関しては、法律上返済する義務が免除されることになっています。
自己破産の場合は、借金を全額返済しなくて済むというメリットがあります。しかしこの手続きの場合は、返済の義務がなくなるわけではありません。ただし、自己破産の場合は高額な財産が処分されますが、この手続きでは維持することが可能というメリットがあるのです。
この手続きができる人の条件は、住宅ローンを除いた借金の総額が、5000万円以下であることが挙げられます。また、返済が不可能であると予測でき、継続して収入を得る見込みがある人が利用できる仕組みです。
借金が大きな負担となっている人には、非常に便利な方法と言えます。しかし、手続きを済ませると、信用情報機関に記録が残ってしまいます。そのため5~10年間程度は、新しい借り入れや、ローンなどの利用が制限されるデメリットもあります。

コメントは受け付けていません。