民事再生の良い点・悪い点

民事再生とは簡単に言えば借金を大幅に減らし期限を見直した上で返済が出来る手続きの事を言います。
メリットとして借金の大半を免除して貰う事が出来ます。最大で8割カットする場合もあるそうです。
また分割返済計画を立てて貰う事が出来ます。これによって完済をする事が出来る人もいます。期限が見直され返済額が減れば自己破産をしなくても完済の希望が見えます。
他のも小規模個人再生や給与所得等再生と呼ばれる物もあります。細かい面で対象を絞る事でより借金を完済しやすい状態にする事です。
また申し出を受けて貰いやすいと言う現状もあります。理由として申し出を断ると自己破産を行うケースが多く1円も返して貰えない為、申し出を受け少しでも返して貰う方が得策と考えるケースが多いようです。
デメリットとして自己破産とは違い借金は無くなりません。住宅ローンや養育費、損害賠償義務、税金、罰金などは対象外になっています。
また手続きをしてからしばらくは借入れが難しくなします。信用情報機関で情報が管理されていて登録されるからです。また最低100万円を3年間に支払う事と決められており100万円以下の借金の場合には免除がされません。
しかし借金に追われ返済の目途が立たない人にはありがたい物に違いありません。

コメントは受け付けていません。