住宅ローン条項について

民事再生の手続きをするにあたって、住宅ローン条項というものが組み込まれる場合があります。これは、住宅ローンの返済が完了していない人が住宅を所有していて、債務整理するにあたってそのマイホームを手放したくない場合に住宅ローン部分の債務は除いて民事再生する条項です。
住宅ローンの契約を確認してもらえばわかりますが、もし債務者が民事再生をした場合、債務者が借金を分割して返済していく、期限の利益を喪失して、債務者は期限の到来していない借金まで含めてローンを全額返済しないといけません。つまり、一括でローンの返済をしないといけなくなります。
しかしこの条項を定めて民事再生手続きをすると、先ほど紹介した期限の利益を喪失することがなくなります。きちんと最初に決められた住宅ローンの返済期限に基づき、返済を続ければ、マイホームを差し押さえられるようなこともなくなります。
ちなみに弁護士に民事再生の依頼をすると、受任通知が債権者のもとに届きます。そうすると、債権者に対する借金の返済を一括でストップができ、債権者も取り立てができなくなります。しかし住宅ローンは、この債務の対象外になります。このため、住宅ローンは民事再生手続き期間中でも、今まで通りのルールで返済していかないといけません。

コメントは受け付けていません。